「コンサルタントが考える助成金・補助金・給付金・借り入れのメリット・デメリットと考え方」

前回のブログで「助成金、補助金、給付金、公的融資など」の基本的な違いをお伝えしました。→「もうぐちゃぐちゃ?分かっているようで知らない「助成金」・「補助金」・「給付金」の違いとは?」

繰り返しになりますが、前提として、しっかり押さえていただきたいのは、これらの支援金の「趣旨・目的」です。

●助成金は「何らかの目的のためにその施策をしてくれる企業に対してその推進策としてお金を支給するもの」です。

●補助金は「新たなサービスや商品の開発に対して国が未来の産業発展の投資としてお金を補助するもの」です。

●給付金は「何らかの要因で経営や個人の生活を継続するために支給するもの」です。

●公的融資制度「借り入れですからもちろん返済が必要なもの」です。

さて、それでは、これらの資金をどのように活用していけばいいのでしょうか?Future  Create阿部が今までの経験や知識に基づいてお話させていただきます。

まずは条件を満たせば受給できる「助成金」の活用をお勧めします。

当社では活用できるものはほとんどすべて受給しましたが、例えば女性の活躍を推進するための「育児休暇」や「介護関係」の制度を取り入れてくれた企業、非正規雇用を正規雇用に転換した企業への助成金、など、実際に企業が知っていれば受給できる助成金が数多くあるのです。ただ、残念なことにこれらの制度を知らない企業が同じことをしていても要件を満たさない場合は受給できません。もったいないと思いませんか?

政策に応えた企業が正当に堂々と受け取れる資金なのです。

「補助金」に関するメリット・デメリット

前述のように、補助金については本来の目的の通り、ある程度資金に余裕がある企業が新商品や新サービスを開始するための補助であり、自社の事業をこの資金で大きく変えようとする事業には適さないと考えてください。

もちろん、採択された事例を見ると数百万というものもありますので投資金額が多い場合にはとても魅力的に見えるかもしれません。

しかし、申請に関する膨大な作業があること、採択される確率が低いこと、採択されなければ1円にもならないということ、助成は全額ではないということ、など、助成金や給付金とは全く違った考えのもとで申請・実行しなければならないことを念頭においてください。

そして、いろいろなケースを見ていると「補助金ありき」の企画を作ってしまうことも散見します。また、申請通りに実行し、報告を求められますから、これにより、本当に自社がやりたかったことと大きく離れていき、労多くして益少ない運営の場合も少なくありません。自社の試みに公的な資金を使うのですから当たり前ですけど。

このことを理解したうえでそれでも補助金を申請したいなら果敢に挑戦していただければと思います。

「公的融資制度」について

私が周りの経営者やコンサルティングの経験から経営者が「資金を借入すること」に関して非常に知識が不足していることを感じます。

それは当たり前のことです。人生や会社経営において銀行取引や融資の経験をすることは多くはないですし、「借金」という言葉に恐れおののいている経営者も少なくないのです。

私がちょうど1年前、コロナ感染の影響が出始め、国が緊急融資制度を発表した時に、周りの皆さんには「この制度は今後、今の経営を維持し発展させていく為に積極的に利用し、まずは資金に余裕を持ってください」とお話をしました。

中には「所詮借金だから返さなくてはならないのでしょ」という話をされていた経営者もいますが、そもそも融資に関する考え方が違うのです。

今回のコロナ対策の緊急融資は「3年間実質無利子」「5年間の返済据え置きも可能」という資金ですし、通常の融資に比べて手続きの簡便化、審査基準の緩和があげられます。

おっしゃるように所詮借金です。だから返済しなければなりません。今現在、自己資金で何とかやり繰りしていてもそれは未来につながっているわけではありません。コロナが収束した時を見越していろいろな経営の見直しなどが求められます。

それなら今回の借り入れにより、資金に余裕をもち、効果的に前に進むことが大切です。もし、コロナが短期間で収まったり、無利子の3年間が経過した時に、資金が余っているのなら、全額(あるいは一部)繰り上げ返済をすればいいだけです。自己資金を使い果たし、資金繰りが苦しくなってからの借り入れとは全く違うのです。

最後に「給付金」についてひとこと

コロナ関係の持続化給付金などはこの困難に直面した国民や企業を救済する制度ですから要件を満たした場合はもれなく申請しましょう。

これは当たり前の話なのですが、なぜ、私があえてこのブログに入れたか?というと、簡単な手続きで終わるものを利用した詐欺事件が起こっているからです。ネット時代の今、「お金がもらえる」からと、不正受給をする詐欺集団が横行し、社会問題にもなっています。

なので、そのような不正な給付金も、言葉が似ていることから助成金もすべて同じように見えてしまい、正当な申請や受給をもためらってしまうことがありそうだからです。

不正受給は絶対にダメです!それを持ちかける怪しい業者も絶対に使ってはいけません!そういう業者は言葉巧みにおいしい話をインターネット広告で持ちかけます。ぜひ正しい知識をもって助成金等を活用してください。

おわりに・・・・

最後に当社のPRになってしまいますが、まずは何なりとご相談ください。

助成金等の受給可能額の計算は自動で無料診断できるシステムをご活用いただければ「手間がかからず、効率的に受給できる」お話を提供します。

なお、上記システムは、いろいろな項目にチェックしていただき、ご相談のヒアリングをし、お見積もりを作成するところまでは一切費用が掛かりません。安心して操作してみてください。

Future  Create 助成金・補助金無料診断システム

当社ホームページTOP

お問合せはこちらから↓

フューチャークリエイト

Future Create フューチャークリエイト
〒062-0052 札幌市豊平区月寒東2条16丁目6-22
[平日]9:00~17:00 [土曜日]10:00~17:00